Menu

よくあるご質問

Home
皆様のよくある質問をまとめています。
当てはまる方がいらっしゃれば、一度ご覧になって下さい。

Q. 不妊治療で体外受精を2回実施しましたが、うまくいきません。現在37歳ですが漢方薬でよい卵を作ることはできますか?



A.
前回も書きましたが、中国医学(中医学)では妊娠しやすい身体づくりを目標に
漢方薬を服用していただきます。
その結果、自然妊娠、人工的な妊娠を問わず良い方向に向かう場合が多いです。

先日も漢方薬を服用しながら体外受精に臨まれたAさんから、
うれしい報告がありました。前回の卵子の採取では2個しか採れなかったのが、
今回は10個も質の良い卵子が採れて着床し、無事に妊娠が確認されたそうです。
この方の不妊治療前の基礎体温は低温期と高温期がはっきりせず、
いったん高温になってから必ずもう一度下がってしまうという形でした。

Aさんには生理のそれぞれの周期で、婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)、
冠元顆粒(かんげんかりゅう)、杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)、紫河車(しかしゃ)、
参茸補血丸(さんじょうほけつがん)などを服用する「周期療法」を実施していただきました。
その結果、冷えや肩こりなども改善し、基礎体温もきれいに整いました。

つまり妊娠しやすい身体になったわけです。
Aさんは卵管に癒(ゆ)着があり体外受精という方法を選ばれましたが、
幸いにも妊娠することができ非常に喜んでいただけました。
不妊治療が長引くほど身体も卵巣も疲れてしまいます。
このような時に漢方薬を併用することで体調も回復し、
不妊治療の助けになることは間違いありません。